原料によって味が変わる

青汁

巷で販売されている青汁の種類は様々で、どの商品を購入しようか迷うこともあるでしょう。原料の違いによって含まれている栄養成分や味に違いがあります。毎日無理なく摂取する為には原料の違いを把握しておくと商品選びの際に役立ちます。青汁と言われる商品の多くは、ケールや大麦若葉、明日葉を原料としているものが一般的です。ケールを使用した青汁は、苦味が強く少しクセがあります。食物繊維をはじめ、ビタミンCやルテインを多く含んでいるので、毎朝スッキリ起きたい方におすすめです。また、普段から食生活が乱れがちな方にも効果を発揮してくれます。ケールよりも飲みやすいのが明日葉です。若干のクセはありますが、飲みやすくなっています。ビタミンB群をはじめ、ビタミンCやEが含まれているので美肌維持にも最適です。普段の食事と合わせて摂取すれば、栄養成分のバランスを整えることができるでしょう。活力アップや健康維持を意識したいのであれば、大麦若葉を原料にした青汁がおすすめです。トリプトファンやSOD酵素、アラニンを豊富に含んでいるので、生活リズムを正常に整える働きがあります。毎日仕事に追われているという方におすすめと言えます。青汁は水に溶かして飲む以外に、野菜ジュースや牛乳で割っても美味しく飲めます。粉末タイプの商品が多いので、しっかりと混ぜて飲むようにしましょう。通販サイトやドラッグストアを利用すれば商品を購入することができます。